会社員のおすすめ副業は?

最近になって、副業解禁の流れが出てきました。

以前は、普通の会社員なら副業は禁止されていることが多かったですが、コロナ以降特に副業解禁の流れが進んでいるように感じます。 会社員にはどんな副業がオススメなのか、ご紹介したいと思います。

副業を始めるにあたって、まずは自分が何が得意で何ができるのかを整理してみることをおすすめします。それによって、できる副業が変わってきます。

おすすめ副業その1 クラウドワークス

おすすめの副業その1は、クラウドワークスなどの仕事請負サイトです。 最近はこうした仕事が増えてきていますが良い点は、ネット上で全て完結するということです。実際に面接行ったり会ったりする必要がないので、時と場所を選びません。空いた時間で副業することができます。

ネーミングやウェブデザイン、プログラミング、ライティング、キャッチコピーの仕事が多いです。

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」に登録する

おすすめ副業その2 ココナラ

占いや似顔絵が得意な人には、ココナラ がおすすめです! ワンコインから出品でき、特に占いは人気があります!WEB制作も人気のカテゴリとなってます。占いを出品できるプラットフォームは多くはないので、占いで副業するなら、ココナラ一択だと思いますよ!

ココナラで出品する

また、新しくITフリーランス向けの ココナラエージェントも登場しました。本格的にIT系フリーランスとして仕事をとっていきたい場合は、こちらもおすすめです。

 

おすすめ副業その3 ウーバーイーツ

Uber Eatsも、会社員の副業として人気です。 理由はお手軽であるという点と、会社にバレにくいということがあるようです。空いた時間に手軽に稼げるので、Uber Eatsは副業としてとても人気があり、仕事の奪い合いになることも多いようです。 ライバルも多いですが、手軽な副業としてはアリな選択肢だと思います。 パソコン作業が苦手な方にはUber Eatsの副業をお勧めします!

おすすめ副業その4 イベントやオフ会の幹事をやる

個人的に1番オススメなのは、「イベントやオフ会を開催して幹事をやる」です。 なぜこれがオススメなのかですが、まず現金商売でバレにくいという点があります。 会社員にとって、副業がバレないというのは重要な選定ポイントです。ツナゲートなどのイベントプラットフォームを使う手もありますが、正直なかなか儲かるほど人は集まりません。 理想なのは集客も全て自分で行うことです。 ウェブサイトも自分で作って、運営も全て自分で行います。正直ここまでくると、副業の労力の域を超えて、いつの間にか本業になってしまうかもしれません。

婚活や出会い系イベントは、うまくいくと人が集まり、利益になります。おそらくそうした出会い系イベントで最も苦労するのが、女性を集めることでしょう。 広告を打てばおそらく赤字になってしまうかもしれません。しかし、上手にウェブサイトを活用することで集客することが可能です。 今は無料でウェブサイトを作れるツールが溢れていますし、クラウドワークスやココナラなどで外注しても安く済むでしょう。

タイトルとURLをコピーしました